読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育ちブログ

下関のNPO法人、子ども・子育ちネットのブログです。イベント案内や報告を中心に行っていきます。

大学生とのコラボイベントが行われました

10月27日(木)大学生とこそらのコラボ、梅ヶ峠で「学生交流―大学生と遊ぼう②」が行いました。当日は秋晴れで絶好の散策日和。どの親子も、どきどき・わくわくの中スタートしました。
 早速森に入ると急勾配のデコボコ道に子ども達は一瞬立ち止まりピタッ!でも優しい学生の声かけとサポートで難なくクリア!出だしは好調!更に進むと、枯葉や小枝のじゅうたんが辺り一面に敷き詰められ、歩くたびにパリパリ・ポキポキあちらこちらで鳴り響き静かな森が少しにぎやかになりました。森の中ではイガ栗を見つけ鷲掴みしチクチクにびっくりして目を見開く子、クモの巣に葉っぱを投げてくっつけフ―と揺らして遊んでる子、湖に木の実や小石を投げて「ピチャッ」「ポトン」と音を楽しむ子、小枝を揺らして頭上の葉の揺れ具合に見とれている子、森の中は子どもの五感に刺激を与える魅力が溢れ、自然と生きる力を育むのだと改めて感じました。
 今回もご指導下さった田中先生には葉が2種類生える不思議な「カクレミノ」や葉柄が長い「ヒメユズリハ」、木がひねって生える「ネジキ」やカブトムシが寄らない樹液の木、
ナナフシコカマキリなど森の木々・生き物の知識を沢山教えていただきました。
 そして、鳥の目の丘広場では美味しいお弁当をパクパク食べ、学生が用意してくれたクズのリース輪投げや竹楽器のおもちゃで一緒に遊んだり、ギターやキーボードに合わせて歌ったりと和やかなひと時を過ごしました。
 帰り道は学生の励ましのおかげで歩く子もいましたが、はしゃぎ過ぎたのか抱っこやウトウトする子もちらほら。そして全員ゴールした後は、お母さん達にドライフラワーの生け花体験というサプライズまで!大満足の一日でした。「たくさん歩く我が子の成長した姿に感激」「マイナスイオンでストレス解消」などの感想をいただきました。田中先生はじめ学生のみなさん、貴重な体験をありがとうございました。

f:id:shimonoseki-kodomo:20161105175045j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20161105175048j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20161105175050j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20161105175053j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20161105175054j:plain