読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育ちブログ

下関のNPO法人、子ども・子育ちネットのブログです。イベント案内や報告を中心に行っていきます。

「学生交流―大学生と遊ぼう」を行いました

 6月30日(木) 梅ヶ峠で「学生交流―大学生と遊ぼう」が行われました。梅雨まっただ中のイベントでしたが、当日の朝には雨が上がり強い日差しもなく絶好の散策日和となり沢山の親子と梅光学院大学学生が交流しました。
 「手のひらにたいようを」の歌にあわせて準備体操、森に住んでいる動物たちの紹介(手作りのお面)などの後、いざ森へと出発した途端「キャ (‘◇’)ゞ」「ワハハッ(^◇^)」と大はしゃぎ。なんと自分や我が子の長靴がぬかるみにさらわれて「スポッ( ゚Д゚)」勢い良く歩こうとすると「ズルズル スッテ―ン( ゚Д゚)」でも大丈夫!学生達にすぐさま助けられて泥んこになりながらみんなで前進!どうなることやらと思いましたが、森の中はとても静かで雨上がりの葉 には水滴がまぶしく輝き、風が木の枝をそよそよと揺らし、落ち葉は雨水を吸ってじゅうたんのようにふかふかでした。どの親子もあっちを見たりこっちを見た りキョロキョロ大忙し。山道のアップダウンもへっちゃら。ご指導下さった田中先生にはかぶれやすいハゼの木の見分け方や、山口で柏餅の葉の代用として使わ れるサルトリイバラの葉や、かえる・ハナムグリ・カマキリなど、森の生き物の知識を沢山教えて頂きました。
 折り返し地点の森の斜面では、美味しいお弁当をほおばり、竹筒のストローでしゃぼん玉もさせていただきました。
 帰り道、子ども達は心地良い自然の中でウトウトし始めましたが、頼もしい学生が抱っこしてくれたり、肩車をしてくれたり、ママの荷物を持ってくれたり。学生さんたちの優しさに思わずほっこり!
 ぜひまた学生と親子の交流が、自然の中でできたらいいなと思う森の一日でした。

f:id:shimonoseki-kodomo:20160701214928j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20160701214931j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20160701214949j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20160701214951j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20160701214953j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20160701214955j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20160701214957j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20160701214959j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20160701215001j:plain

f:id:shimonoseki-kodomo:20160701214935j:plain